ずぼらな飼い主が思いつきで始めた熱い熱い魚たちとの格闘日記です


by tyokonan

雰囲気が・・・

とうとうやりました。床材のろ過砂利からソイルへの交換。。。

代休で午後が休みだった日に、近くの熱帯魚専門店に行き、ソイルを購入。ADAのアマゾニアを購入。しかもしつこいぐらいに交換方法を聞き、水草を購入してきました。

夜、いたずら坊主の我が子が寝た19:30頃に作業開始。
①水を別の容器に移す。(8割方)
②水草を抜き、洗い、トリミング。
③熱帯魚すくい。そして残りの水抜き。(しかし行方不明のグリーンネオンは見つからず)
④ろ過砂利の撤去。(超汚かったっす)
⑤水槽内の清掃。
⑥ソイル投入。奥行き作り。
⑦流木とテトラポット設置。
⑧3割くらい元の水の投入。(濁ってしまいました・・・。)
⑨水草の植え付け。(問題が・・・)
⑩残りの水と熱帯魚を投入。
というような行程で約2時間ほどかかりました。。大変疲れました。

その効果はまだ見られませんが、全景はこんな感じになりました。しかし、床材で雰囲気はガラリと変わるものですね。結構驚きました。
a0089055_20235695.jpg


さて、新しい水草です。恐らく「タイストリクタ」というヤツではないでしょうか?熱帯魚専門店で買う時は「二酸化炭素のいらない簡単な水草」という限定で買います。ついつい名前を聞きらすれちゃいます。ちなみに我妻は「覚えずづらいのでタイちゃんで!」と言っております。そのため今後はタイちゃん1号2号3号と呼ばれることでしょう。
a0089055_20264025.jpg


そうそう、今回の床材交換で非常にまずい事件がありました。
ソイルを敷いて水草を植えようとしたら、水草が乾いてシナシナとなっていたのです。洗ってトリミングし、濡れた新聞紙の上に置いておいたのですが、時間がかかりすぎたのと部屋でストーブをつけていたのが重なり・・・。特に死にかけのアマゾンソードとピグミーサジタリアがいっちゃってました。今後どうなることやら・・・今のところ大丈夫そうですが。。。(もともとアマゾンソードはマズイ状態なのでよしとしてもせめてピグミーは・・・。)まあ、ろ過砂利でもピグミーサジタリアはランナーで増殖している気配もあったので何とかなるでしょう。。
[PR]
by tyokonan | 2007-01-27 20:33 | メイン